ベートーベンの思想

ベートーベンはカトリックでしたが、熱心なキリスト教徒ではありませんでした。宗教曲「ミサ・ソレムニス ニ長調」を作曲した時も、「キリストは、はりつけにされたユダヤ人にすぎない」と言っています。

ベートーベンの思想(つづき)

ベートーベンはプラトンなどの古代ギリシャ思想に興味を持ちます。また、インドの哲学にも興味を示し、汎神論的な考えを抱きます。これはゲーテやシラーなどと同じ考えです。

ベートーベンが「神」と言った時には、キリスト教的な人格神と、汎神論的な神との2つの意味を兼ねていることが多いとされています。

ベートーベンの未完の作品である「交響曲第10番」はキリスト教の世界とギリシャ世界との融合を目指しています。

ベートーベンイメージ

同時代ではロマン派と呼ばれる思想がありました。ロマン派を代表する人物であるE.T.Aホフマンは、ベートーベンの才能に惚れこみ、ロマン派に引き入れるようと持ちかけますが、ベートーベンは丁重に断ります。

あくまでベートーベンが注目していた思想はゲーテやシラー、シェイクスピアと同じものだったのです。

ベートーベンは本業である音楽では、バッハやモーツァルトに強く影響を受けています。中でも、モーツァルトとは幼い頃から父親から音楽を教えれれるなど共通点があり、とても尊敬していたようです。

ベートーベンはモーツァルトに弟子入りを申し込みますが、母親が死亡するなど、残念ながら時期が悪かったため、実現することはありませんでした。


Copyright ベートーベンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy